プロフィール profile


画家・梶山立志 TATESHI KAJIYAMA

1951年埼玉県出身。水彩画家・長沢節の元で水彩画を学び、その後渡仏しヨーロッパ各地を描く。

1979年に帰国してからはアジア各地を旅し、タイの月刊誌Gダイアリーにて水彩画エッセイの連載がされる。国内では企業イメージカレンダーを手がけ、水彩スケッチの教則本を出版。

東京・横浜各地を描くスケッチ教室も開講している。

また、埼玉県鴻巣市にある鴻神社の壁画、天井画等を手がける。

 


▼赤字をクリックするとリンク先に移動します。

1951

埼玉県に生まれる
1971〜1975

セツモードセミナー(長沢節)にて水彩を学ぶ

1975

パリ・ミラノに滞在し水彩画を描く

1979

スペイン・アンダルシア地方に滞在し水彩画を描く

 

パリ・サンジェルマンにて水彩画展

1983

個展「梶山立志・水彩画展」(銀座)

 

JACA展選出(東京・ドイツ)

1987

スウェーデン選抜作品展(スウェーデン)

1988

アカデミー・スコナー展(スウェーデン)

 

個展『梶山立志展』(銀座プランタン読売サロン)〜'90

 

'88 日本美術展(ハンガリー・セクロハム国立博物館、同館収蔵)

1989

日本美術展(マルタ国立美術館)

 

Galleri Kirragarda Siteri(スウェーデン)

1991

ギャラリー・マリウス(コペンハーゲン・デンマーク)

1996

ウェスタンコロラド水彩画ソサエティ出品、選出(アメリカ)

1998〜2012

アジア各地を取材(ベトナム・カンボジア・ラオス・タイ・マレーシア
台湾・韓国・スリランカ・バングラデシュ)

1999〜2008

カンボジア・コンポンチョンロン小学校絵画交流 (日本での活動と平行)

2002

カンボジア王国皇室シソワット殿下より感謝状授与

2003

カンボジアカンダール州クサッチ高校美術交流

2004

個展『梶山立志水彩スケッチ 埼玉季節のまつり』(夏目画廊)

2005

梶山アートクラブ東京教室 開講

2006

『カンボジアの子どもたちの絵便り〜子ども達と日本人画家の9年の歩み〜』(福島)

2007

個展『アジアを描く』併設展『カンボジアの子供たちからの絵便り10年の歩み』(さいたま市・夏目画廊)

2008

スリランカ取材

2009

マレーシア取材

2011

バングラデシュ取材

 

梶山アートクラブ横浜教室 開講

2012

梶山立志水彩画展(さいたま市・夏目画廊)

 

梶山立志アジア水彩画展(銀座・月光荘)

2014

トルコ・モロッコ取材

 

梶山立志水彩画展(銀座・月光荘)

2017

画業40年記念展 鴻巣のまつり展(鴻巣市)

 

鴻神社 本殿こうのとり天井画、神楽殿(鏡板、こうのとり図)、神社会議室壁画、三狐物語絵図

2018

鴻神社 壁画鴻巣今昔絵図 完成

 

文化功労表彰(鴻巣市より)

 

<その他仕事内容>
企業イメージカレンダー、他
東急リバブル、三和銀行、親和銀行、武蔵野銀行
月刊誌G-DIARY(タイ)『アジアの風に吹かれて』2004.8〜2011.5
(エッセイとスケッチ紀行)

FMフラワーラジオ ロゴマークデザイン など